転職エージェントを最大限活用するべき理由とは??


転職活動をする際に大きく分けて求人媒体は

  • 雑誌の求人
  • ハローワーク
  • 知人のコネクション
  • 転職エージェント
などの媒体が転職の際に利用する媒体となっています。
その際に、当サイトでは転職エージェントを強くオススメしています。

転職エージェントをオススメする理由を書いていきたいと思います。

転職エージェントを強くお勧めする理由

上記の求人媒体の中で一番おすすめなのが転職エージェントです。
今回は転職エージェントに関して詳しく書いていきます。

 

非公開求人に応募可能

大手の転職エージェントには非公開求人が多々あります。
何故、非公開で募集しているのかというと、大手優良企業の求人は需要が大きく、募集した際に応募が殺到した際に対応に労力を割けないため
転職エージェントの方で条件をある程度絞って(TOEICの点数、資格、学歴、職歴等)で紹介するために非公開で募集をしているのが特徴です。

つまり、あなたに最低限のスペックがあるなら今よりもより、大手企業に行ける可能性、より年収が高い企業へ、より自分に合った企業への転職が可能なのです。

履歴書を使いまわせる

転職活動でめんどくさいことの一つとして履歴書を企業ごとに送らなければならない点です。
しかし、転職エージェントを利用すればそういった手間はかかりません。

履歴書を使いまわすことができるので余計な労力がかからないのがプラスポイントです。

スケジュール管理をやってくれる

転職活動は現職に在職しながら行う場合、会社の業務の忙しさでなかなかスケジュール管理するのに
労力がかかります。

その点、転職エージェントを利用すれば、そのエージェント経由で応募した企業のスケジュール管理はある程度エージェントの方がやってくれます。
細かい部分の確認だけエージェントとのやり取りをすればいいので、労力がかからず、非常に楽になります。

 

エージェントがパートナーになってくれる

新卒の時の就職活動とは異なり、転職活動は基本的に孤独です。
「就活仲間と飲みに行って情報交換をする」といったことができません。

そこで、転職エージェントを利用すれば、エージェントの担当の方に悩みなどを相談することができます。
これはハローワークや地元の求人誌では絶対できないことです。

エージェントならではのメリットですね。

無料で利用できる

また、転職エージェントは企業への紹介料としてお金を貰うので、転職者はお金を支払わず利用することができます。
ですから転職エージェント側からどんなに手厚いサポートを受けたとしても、最初から最後まで無料で利用できるのが転職
エージェントの良いところです。

 

以上が転職エージェントをフル活用するべき理由です。
大手優良企業の非公開案件もありますし、エージェントの担当さんが親身になって相談に乗ってくれます。
こんなに心強いことってないですよ。マジで。

ただし、ここまでメリットばかり書いてきましたが、当然裏のデメリットの部分もあります。

転職エージェントを利用するデメリットとは??

エージェント側はあくまで利益重視

転職エージェントを使う際にその「仕組み」を理解するとデメリットが見えてきます。
上記にも少し触れましたが、転職エージェント側はどうやって利益を出しているのかというと「人材を企業側に紹介すること」によってバックエンドとして転職者の年収の1/3をマージンとしてもらいます。
つまり、転職者が年収500万円で雇われた場合に転職エージェント側に160万円前後入ってくるわけです。

そう考えると、人材はあくまで「商品」でお金を支払う企業側は「お客様」です。

言ってしまえば企業側とエージェント側がwin-winであれば、商品である転職者は損を被っても仕方がない部分はあるというのが転職エージェントの考え方でもあります。
(*ただ、できる限り転職者にも得をするような形になるような努力はしてくれます。)

利益重視ゆえに、「自分合わない企業」を紹介される可能性がある

「年収の3割」が転職エージェント側に入るお金なので、自分と合わない年収600万のA社と自分と合う年収400万のB社であったらオススメしてくるのは年収600万のA社です。
独立せずに定年まで続ける意思があるのならば、自分と合う年収400万のB社を紹介してもらった方が良いかもしれません(あなた次第ですが)

年収のより高い方をおすすめしてくれるのは人によってはありがたいかもしれませんが、あと25歳から65歳まであと40年働くことを考えたら賢い選択とは必ずしも言えないと思います。

紹介してもらえない場合がある

上記の「メリット」で少し触れた優良大手企業の非公開案件はあなたのスペックによっては紹介してもらえない場合があります。
何故なら、「内定を貰えない可能性」が非常に高く、転職エージェントが紹介しても骨折り損になる可能性が高いからです。

転職エージェント側としてはより年収の高い企業に、より早く内定させたいというのが本音ですから。

 

 

25歳で転職!?確実にキャリアアップするための秘策とは??


cariaup25歳の転職活動!自分の好きな会社に転職する秘策とは!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ