ブラック企業の見分け方


「転職の際に絶対ブラック企業に入社したくない!」

「ホワイト企業に入りたい!」

といったように「絶対に」ブラック企業に入りたくないという方は当然、多いと思います。

そこで、今回、いかにしてブラック企業への入社を避けるべきかという点で語っていこうと思います。

(*)必ずしもいかに当てはまるからといって絶対にブラック企業ということはありません。あくまでそういう傾向があるというだけのことです。

当サイトでおすすめするブラック企業の見分け方とは??

以下がブラック企業の見分け方になります。

年収にめちゃくちゃ幅がある

ブラック企業は年収に幅があるケースが多いです。

例:年収300~800万円

実はこの800万円は社員ではなく、社長が貰っている額で、ほとんどは300万円前後、あるいはそれ以下というケースも多々あります。
「頑張ればそれ以上も稼げる」といったようなフレーズを連発してあたかも簡単に稼げますといわんばかりの求人広告の企業は避けたほうがいいです。

頻繁に求人を募集してないかチェック

頻繁に求人を出している企業は辞めたほうがいいです。
この場合はブラック企業の可能性が高いです。

辞める人が多すぎて人手が足りていないためどんどん会社に入れるため、頻繁に求人を出してしまう結果になるのです。

ある程度転職活動をしていると、そういう求人がありますので、できる限り避けましょう。

新人の裁量が大きいかどうかチェック

「若手が活躍中」といったキーワードも要注意ですね。
人が入ってもどんどん辞めていくため、若手が指揮をとらざるを得ない状況なのが典型的なブラック企業です。

離職率が異常に高い

典型的なブラック企業は離職率が、とにかく高いです。
社員を入れては消耗品のように扱うので、入れ替えが激しいのが特徴です。

夜も会社の電気がついている

シンプルな確認方法ですが、夜遅くに会社の電気が付いているかどうかを確認することによって、その会社がブラック企業かどうかある程度判断することができます。
たまたまその日、残業があったかもしれないので2~3日間チェックして社内の電気がついている場合、黒の可能性が高いです。

 

面接のハードルが低い(初心者歓迎、学歴不問)

面接のハードルが低いということは、言ってしまえば「誰でもいい」ことの裏返しです。
このような企業は人を消耗品のようにとらえ、人を大切にする気がない可能性が高いです。

社員を大切にする会社は「誰でもいい」なんてつもりで雇うことはまずありえません。

 

採用のプロセスを端折りすぎる

たまに求人広告で「たった一回の面接で内定!」「履歴書不要」みたいな広告をネットでよく見かけますが、
マジでそういう企業に応募するのはおすすめしません。

普通に考えればわかると思いますが、採用プロセスを端折っているわけですから、言ってしまえれば「どんな奴でもいいからとりあえず人手が欲しい」といった
意図を感じます。

そんな求人広告の会社に入社しても高い給料なんて貰えるわけありませんし、採用に力を入れてない企業は裏を返せば人を大事にしていないということです。

採用プロセスをあまりにも端折りすぎる企業は敬遠するべきです。

大手=ホワイト、中小=ブラックとは限らない

全国に店舗がある会社でも内情はドブラックというケースもかなりありますし、怪しい中小企業は実は超絶ホワイト企業だったということも良くあることです。
会社の規模に惑わされず、しっかり上記に当てはまる部分を複合的に見極めて怪しいか怪しくないか判断をしていきましょう。

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業の特徴は上記の逆です。
つまり
  • 採用に時間をかけてる
  • 離職率が低い
  • たまにしか求人を出さない
といったのがホワイト企業の特徴です。

これにプラスしてホワイト企業の見極め方として当サイトでおすすめしているのが
「その企業の事業内容にオリジナリティがあるか??」という点です。

大抵、「どんな事業内容どの企業でもやってるやろ!」とういったものをメインの事業にしている会社はたいていサービス競争に巻き込まれて薄利多売になっています。
つまり人件費をギリギリまで削っているので必然的にその人件費の範囲でできる限り労働させ、安い給料でやらせているという形になっているのです。

その点、事業内容に強み、オリジナリティがある企業は、労働以上の対価を貰っているケースが多々あり、結果的にホワイト企業になるのです。

 

 

 

 

 

 

25歳で転職!?確実にキャリアアップするための秘策とは??


cariaup25歳の転職活動!自分の好きな会社に転職する秘策とは!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ