面接の際に給与、残業、休日をカドが立たないように聞くためには??


view of a team of business executives sitting at a table
 

「今度面接があるけど、どれくらい残業があるのか知りたいけど聞きにくい」

「どれくらいの給与をくれるのか詳しく知りたい」

などなど様々な疑問があるにもこういう質問って非常に聞きにくいというのが現実だと思います。
そこでカドが立たないようにこういった聞きにくい質問を聞く方法について書いて行こうと思います。

残業、給与を聞くことは悪いことではない!

当たり前ですが、残業、給与を聞くことは悪いことではありません。
子供がいる方であればある程度の給与がなければ子供を進学させてやることもできませんし、残業が多すぎたら家庭を大事にすることができません。

しかし、聞き方によっては「意欲がない」「金だけを求めている」と思われてしまうことも事実です。
場合によっては採用に影響を及ぼすこともあります。

ですから悪いことではないですが気を付けて聞きましょう。

給与に関する質問の聞き方

給与に関する聞き方のポイントは4つあります。

タイミングを見極める

給与を聞くタイミングを踏まえたうえで聞いたほうがいいです。
最もリスクが低いのは内定通知書がもらえた後です。
既に採用が決まっている状態で法律上取り消しが不可能なのでビクビクせずに給与の話をすることができます。

また、1次、2次面接では人事から給与の話を振られたら、その流れで聞いてみても構いません。

先に自分が企業で何ができるのかを語る

いきなり給与や福利厚生の話をしても、印象が悪いので、まず自分が入社後に何ができるのか、何を目指すのかそれをきちんと
語った上で聞いたほうがいいです。

もっといい条件の会社があったらそっちに行くのではないか、と思われてしまいます。

謙虚な姿勢で聞く

給与のことを聞く際も最大限、謙虚な姿勢で聞くべきでしょう。
「参考にお聞きしたいのですが…」と言って謙虚さが伝わる姿勢でやんわりと聞きましょう

理由を説明する

この際、「何故、給与のことを聞くのか」という理由もさりげなく前置きで説明したほうがいいです。
例えば「子供が進学するので・・・」「結婚予定なので・・・」といった前置きを少しするだけで印象が全然変わります。

給与をあえて聞くことで逆にアピールにもなる

待遇についてきちんと聞ける人は「聞きにくい質問もできる、仕事で交渉力に期待できる人材」という評価をする面接官もいるくらいです。
逆に給与の話になったら嫌をする経営者、人事がいる会社は、カツカツな経営をしている可能性もあるので、きちんと見極めていきましょう。

 

残業に関する質問の聞き方

重要なのは「残業を嫌がっている=意欲が低い」と思われないことです。

事前に「残業もいとわずに頑張りますが」と前置きしたうえで「週平均でどれくらいの残業があるのか確認させていただけますでしょうか??」と
聞くとよいです。

まとめ

以上が残業や給与を人事に聞く際にが度が立ちにくい聞き方になります。

 

25歳で転職!?確実にキャリアアップするための秘策とは??


cariaup25歳の転職活動!自分の好きな会社に転職する秘策とは!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ