退職の理由をどうやって説明するべき??


0075
 

退職の際に一番迷うことが「退職の際に、会社にどうやって伝えようか??」という部分だと思います。
本音を伝えるとすごくネガティブな退職になってしまうけど、変に嘘を付くのもなぁ、そんな迷いがあってなかなか上司に退職話を切り出すことができていない
方も多いかもしれません。

そこで、今回、退職理由をどう上司に説明するべきかという点で記事を書きました。

ネガティブな退職の場合、本音を言うべきではない

あなたは退職時に「ブラック企業でとことこん精神が疲弊した」だったり「上司との人間関係にギスギスしていた」などのネガティブな理由での退職を
するかもしれませんが、そこがグッと抑えてポジティブな理由での退職を告げましょう。

どんなに会社を嫌っていてもそこで縁を切ってしまうのは勿体ない

あなたがどんなに会社を嫌っていても、そこで縁を切ってしまうのは凄くもったいないです。
どんなに嫌っていても意外と縁があったりするものです。

また、同じ業界に転職する場合、会社と揉めて退職となると同じ業界で噂になったりする場合もあります。
すると同じ業界での転職は今後の仕事に致命的な支障をきたす可能性があるわけです。

また、会社からの嫌がらせで離職届をなかなか送ってもらえないということも。。。。

やはり、元の会社は今後仕事していくうえで力強い人脈となっていきます。
そこでできる限りの円満退社を当サイトではオススメしています。

そこで退職の際は「キャリアアップしたい」「色んな業界を見てみたい」などのポジティブな理由を退職理由にするべきです。

ここで面白いデータがあります。
退職理由の本音とタテマエのデータですね。
ランキングを見てみましょう。

退職理由の本音ランキング

1位.上司・経営者の仕事の仕方が気に入らないから
2位.労働時間・環境が不満だったから
3位.同僚・先輩・後輩とうまくいかなかったから
4位.給与が低かったから
5位.仕事内容が面白くないから
 

というのが仕事を辞めた本音トップ5です。

それに対して退職時のタテマエのトップ5は以下のようになっています。

退職理由のタテマエランキング

1位.キャリアアップしたかったから
2位.仕事内容が面白くなかったから
3位.労働環境、労働時間が不満だったから
4位.会社の経営方針が変化したから
5位.給与が低かった
正直に「会社に不満があった」と伝える人が一定数いるものの、
タテマエは一番無難な「キャリアアップしたかった」が一番多くなっています。

基本的には「相談する姿勢」で退職意思を伝えよう

一方的に「退職したいです!」と上司に伝え対という気持ちがあるとは思いますが
あくまで「話し合い」という形できちんと時間を取ってもらい伝えるべきです。

ですから伝えるときはいついつに退職します!と伝えるのではなく、あくまで退職をしたいというのを伝えるだけでいいと思います。
また後日ゆっくり退職日を決めればいいのですからね。

無難な退職理由はコレ!

  • 今の仕事が自分に合わないのでゆっくり自分を見つめ直したい
  • キャリアアップしたい
  • 海外に留学したいので
このような理由が無難ですね。

やはり引き留めようのない理由がベストです。
キャリアアップで既に転職先が決まっている場合、会社側からしたら納得せざるを得ない引き留めようのない理由ですね。

結婚、引っ越し、家族の病気の場合バレる可能性があるから気を付けたほうがいい

中には結婚、引っ越し、家族の病気をウソの理由にして退職する方もかなりの数いますが、会社側にバレるリスクがあります。
退職後に元の会社から離職票を送ってもらう際に、新しい住所を伝える必要があり、その時点でばれる可能性も。

そうなると円満退社どころではないですね。

100%でっち上げるのはうそを貫き通すのが難しいので、「嘘を混ぜる」もしくは絶対にバレないウソをつくなり、工夫したほうがいいですね。

退職の際に引き留められた場合

退職の際に会社によってはすごい勢いで引き留めてくる場合があります。
その際に「あなたのためだから」なんて言ってきますが、実際のところ本音は会社のためです。

「辞めないでくれ」の本心には「会社の計画上、このタイミングで辞められたら困る」という理由が隠れています。

引き留めに合わないための工夫

会社を辞めるときに引き留められるのは会社側が困るからです。
そこで会社側が困らないように、工夫しましょう。
  • 繁忙期ではない時期に退社する
  • 退職意思は2カ月前には伝える
  • 上司に退職するかどうかの相談はしない

繁忙期ではない時期に退社する

会社を辞める際は繁忙期ではない時期に退社するべきです。
やはり忙しい時期に辞められるのは会社に大きなダメージが残ります。

譲氏側からすると「他の人の負担も考えてくれ」と思っているはずです。
繁忙期に辞めることはよほどの理由がない限りかなり無責任な行為で、円満退社はできないと思ったほうがいいでしょう。

 

退職意思は2カ月前には伝える

退職意思は少なくとも2カ月前には伝えましょう。
法律譲、退職2週間前に会社側に退職の意思を伝えれば退社することはできますが、
それだと仕事の引継ぎなどをする時間がありません。

結果的に、会社側に迷惑をかけて退社することになってしまいます。

そこで、

25歳で転職!?確実にキャリアアップするための秘策とは??


cariaup25歳の転職活動!自分の好きな会社に転職する秘策とは!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ