面接では「ありのままの自分」を出すべきなのか??


転職活動の際によく議論になることが「ありのままの自分」で面接に挑むべきなのか「嘘ついてでも内定を取りに行くのか」という
2つの議論があります。

予め言っておきますと、この2つの議論、正解はありません。
あなたの価値観やこだわり、方針によって答えが変わってきます。
今回は当サイト管理人である私が、面接では嘘を付くべきか否かということについて書いてみました。

 

ありのまま派の意見

嘘を付いて内定をもらって入社したら、入社後、その嘘を隠し通すことは大変だし、
嘘を付いて内定を得てしまったら、結局自分のマッチしない企業に行くことになってしまうというのがありのまま派の意見です。

この意見も理屈としては最もだな、と思います。
転職の目的は「大企業から内定をもらうこと」でも「内定そのものの数をたくさんもらうこと」でもないです。
内定を得るためのゲームみたいに捉えている方も多いですが、それは違います。

目的は人それぞれですが、「あなたの目的に合う企業で働く」、というのが転職の目的だと思います。

嘘を付いてでも内定を得るべき派の意見

まずは内定を貰うことが重要で、どんなに自分の目的に合った企業を見つけても内定をもらわなければ意味がない。
もちろん内定をもらった後が重要だが、それも内定を貰わないとできないこと。

内定をもらうために嘘を付くことも重要。

というのが嘘を付いてでも内定を得るべき派の意見です。

管理人の意見

当サイト管理人の意見としては、ただ闇雲に嘘を付くのも良いとは思えませんし、ありのままとはいっても何でも正直に応え、何でも正直に応えるのも良くないですね。
「ありのまま」で面接する派は面接の対策を一切しない人が多い
ありのまま派で一番多い勘違いは、「ありのままの自分で面接を受ける」と言って一切面接の対策をしないことです。
相手企業のことをこれっぽっちも調べず、自分の特徴、強み、弱みもわからない状態で面接を受ける人もいますが
はっきり言って相手企業に失礼です。

そんなの時間の無駄です。

ありのままで面接を受けるということは、何も調べずに面接を受けることではなく、ありのままの自分で働けるところを見つけるからこそ徹底的に自分に合う業界、業種を調べ
自己分析し、志望動機も徹底的に練るわけですね。

つまり、ありのままで面接するというのは徹底的に自分と向き合い、何が向いていて何が向いておらず、強みは何で、弱みは何なのか、自分は何を捨てられるのか、何を捨てられないのか
自分なりの回答を出していくことです。

はっきり言って、周りに合わせて生きるより、ありのままで生きるほうがしんどいですね。
面接も100%嘘無しでありのままで面接を受けるほうが辛いです。

ですがそうやって入れた企業は自分なりに納得したうえでの入社になると思います。

変に嘘を付くくらいなら自分と向き合ったほうが幸せになりやすいと思いますね。
むやみやたらに嘘を付いたって意味がない
個人的な意見ですが、初めから面接を嘘で塗り固める人が一定数いますが、本当に辞めたほうがいいです。
「嘘も方便」という通り、嘘のすべてが悪いわけではありません。

しかし、「面接で嘘を付く」というのはあくまでも手段の一つであって、何故かそれを目的にしているような人がいます。
面接で100%の嘘を付くというのはその嘘を考える労力がもったいないですし、入社後にウソがばれると信用を無くします。

そこで、意見ですが前提として「企業研究、自己分析を徹底的に行ったうえで、スパイスとして一部の話を盛る」というのはOKです。
話を盛ったり利益のために正直に話さないということは社会で重要なスキルの一つでもありますから。

嘘を付くというより「都合の悪いことは正直に話さない」程度の間隔の方がいいですね。
結局、自分の頭で考えて判断したほうがいい
具体的な事例で説明してもアレなので、面接の際にどうするかは自分で決めることをおすすめします。
自分なりに自己分析や企業研究をきちんと行ったという前提で、最後のインパクトの一つに少し話を盛ってみるとよいと思います。

 

25歳で転職!?確実にキャリアアップするための秘策とは??


cariaup25歳の転職活動!自分の好きな会社に転職する秘策とは!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ